大人のADHD(注意欠陥・多動性)や子供のADHDの認知治療、改善を目指すWikiです。診断チェックや特徴

自分で締め切りを作る
締め切りを忘れてすぐやる
作業を分割する
優先順位をつける

  • 自分で「今から3日でやる」みたいなのは決める
  • 3日ごとに「今から3日でやる」て決めてまわせたら理想的
  • 「〇〇迄に〇〇出来なきゃ死ぬ」こう思うと嘘のように何でも出来る
  • 強く念じるだけで片付けも勉強も定形の何倍も上手く出来る
  • 締め切りをギリギリで回避することに快感を感じるんだと
  • 現実の締め切り意識すること放棄する以上どこかで決めないと永遠にやらないし

  • 期限設定なくても脊髄反射ですぐ取り掛かるようにしてる
  • 「〆切りに間に合わせよう」→「〆切りに間に合えばいい」→「〆切りが近づくまでやらなくていい」になるから、〆切り無関係にとにかくさっさとやるのはいい手
  • モチベーション的に、物事が発生した瞬間が一番やる気が高い
  • 締め切り案件を受け取った時にすぐに取り掛かれれば良いんだけどその時は他の締め切り間際案件を常に抱えているというジレンマ
  • 締め切りはもう最初から頭に入れてない相手方には絶対知られてはならないけどな

  • ルロイ先生も「困難は分割せよ」と言ってたよ
  • 大きなタスクを細かく割っていってできそうなものをやっつけていけばなんとかなるときもある

  • TODOリストにすること列挙するんだけど全てに締め切りを書き添える締切日からかかりそうな日数を引いた日付でソートして優先順位をだいたい決める
  • 欠点は優先順位の高いものから取り掛かるけれどその日に終わりそうな量は大概オーバーするタスク量になるから必ず持ち越しが生じる

  • 何でも「自分が思う2倍の時間が掛かる」と思うようにする
  • 客観視するようになると見積もりが甘いと分かってくる
  • 「こうしたい」のと実際の出来には開きがあって、そこの認識が結構甘い

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

ようこそ

最初はここからどうぞ

Wiki内検索

フリーエリア





ADHDライフハックまとめWiki






ページのタイトル

QRコード